営業代行ってなに?そんな都合の良い話があるの?


営業代行ってどういう仕事なの?

営業代行といっても営業業務のすべてを丸投げできるわけではありません。まずアポイントを取ることから始まり、商談の代行、営業活動の強化アドバイスなど、契約によっていろいろな形があります。アポ取りから先を自分たちでやるのか、商談自体もアウトソーシングするのかは商材や業務内容、営業代行会社との契約内容によって変わってきます。

営業代行の利点とは?

私たちがむやみに電話を掛けて営業しても、話すら聞いてもらえず心が折れることが多いのではないでしょうか。しかし彼らは営業のプロです。強いです。とりあえず客先へのアポイントをもぎ取ってきます。これを自社社員で何の足がかりもなくやろうとすると、商談にこぎつけるまで何日も電話だけかけまくるという非常に労働効率の悪い状況になるのではないでしょうか。また、商談の代行・同行なども請け負ってくれます。

アウトソーシングで相乗効果を生もう

『会社に営業がいるのになんで外注するの?』と思う人も多いでしょうが、何の仕事でもプロ中のプロの仕事というのには見習うべき点が多いと思います。彼らは、営業に関するアドバイスなど、なんと営業活動の強化という業務も請け負ってくれるのです。アポ取りから解放された時間で、いちばん大事な商材の充実などに時間をかけられるのも利点です。経営者の立場に立ちながらも、社員の目線でも相談に乗ってくれる営業代行会社を選んで、営業活動を活性化するという相乗効果が生まれるのが営業をアウトソーシング化する一番のポイントでありメリットだと思います。

営業代行のサービスの内容には、顧客開拓やクレーム処理、メールマーケティングなど様々なものがあり、営業担当者の人数が不足している企業から選ばれる傾向があります。