引越し作業は片付けのことも考えて行うべき


荷造りから片付けが始まっている

引越しをする場合、まずは荷造りをすることが多いでしょう。その段階から新生活がスムーズに始められるかどうかがかかっているので、しっかり行うようにしましょう。とりあえず箱に入れればよいという考え方ではなく、新居に行ってからスムーズに片付けが出来るかどうかという事を考えて荷造りをしていくようにしたいものです。まずは場所ごとに箱を分けておきましょう。そうすることで、指定の場所に箱を運んでもらうことが出来るので必要な場所で開封することが出来て、片付けがはかどります。荷解きや片づけをしやすくするために、まずは場所ごとに箱分けて、どこの物かわかるようにしておくという事に取り組んでみるとよいです。

優先順位を記入しておく

荷造りをする際、場所ごとに分けるだけではなく、優先順位をつけてそれにしたがって分けておくのもおすすめです。すぐに新生活を始めるときに、今すぐ使う生活用品や服などがどこにあるかわからないと結局全部荷解きしないといけなくなります。当面の生活で使うものについては別の箱にまとめておくと、引越し当日に開封するのはその箱だけで済みます。その後時間のある時に多くの荷物を開封していけばよいのです。ものを探している時間はかなりかかりますし、引っ越し後数日は忙しいことが多いので、すぐに生活が始められるようにしておきましょう。そのために優先順位を箱に記しておくようにすると、空いている時間に合わせて片付けを進めることが出来るので便利になります。

不用品の回収はなかなか自分では進める事が難しいものです。思いきって業者に頼めば、すっきりするかもしれません。