プライバシーを晒さないように気をつけましょう!


GPSをオフにすることが大事

旅行先で撮影した写真を共有したり、きれいな景色を多くの人に見てもらったりとSNSには様々な活用方法があります。また、役に立つ情報を得られることから、日常的に楽しんでいる方は多いことでしょう。ただその一方で、SNSを使うことはプライバシーが世の中に漏洩する危険性も伴います。スマートフォンで撮影した写真を掲載した場合、撮影日時、携帯の機種名、撮影した場所などの情報も同時に伝わってしまうからです。つまり、自宅で撮影した写真をアップしてしまうと、不特定多数の人に住所がばれてしまうということになります。それを防ぐには、必ずスマートフォンのGPS機能をオフにしておくことが非常に大事です。

旅先から写真をアップしないこと

ゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇になると、海外などの遠方に旅行に出かける人が一気に増えます。旅先で堪能した景色、美味しい食べ物などをみんなに見てもらうために、ついつい旅行先からSNSに写真を掲載する方も少なくありません。しかし、実は観光地から写真をアップするのは防犯の観点から見ると良くありません。その理由は、見ている人に「自分は現在、自宅を留守にしています」と伝えているようなものだからです。したがって、空き巣被害に遭ってしまう可能性が高まります。ゴールデンウィークは自宅を留守にする人が多く、空き巣にとってはかっこうの狙い目の時期でもあるのです。プライバシーを守るには、出先で撮影した写真は必ず帰宅後に投稿することをおすすめします。

公官庁の機密文書は厳重に取り扱う必要があります。処分をする場合は専門の業者に任せることで漏洩の心配もありません。