研修の方法は色々ある!外部研修だけが研修ではない!


専門家を呼んで研修をする方法

外部から講師を呼ぶ研修は、一般的に外部研修と呼ばれるものです。専門家ですから、専門知識があり、教え方が上手いのが特徴です。研修は特定分野ごとに分かれていて、その分野の専門家が教えに来てくれます。分野は幅広く、マナーから営業の仕方まで色々な研修内容があります。それぞれの分野を研究した人が講師になるので、多くのことを学べる機会になるでしょう。また、他では学べないこともあるので、研修を受けることで社員のレベルアップにつながることも少なくないです。外部研修は新しいアイディアや知識を得るのに向いている方法です。上手く活用すれば、売り上げアップにつながるかもしれません。

社内で研修を行う方法

外部研修だけが研修ではありません。社内でも研修を行うことができるのです。外部研修は一般的なことを教えるのには向いています。しかし、専門の分野で仕事をしていると、深い知識を得るには社内で講師を立てた方がいい場合もあるのです。その分野に詳しい人が社内にいるケースでは、社内研修が有効な手段になります。例えば、深い知識を持つエンジニアがいる場合、営業に研修をすることで知識の共有ができます。特定分野であれば、外部研修を受けても知識を得るのは難しいでしょう。社内で活用できる人材がいるときには、有効利用することが大事です。

他社と合同で研修を行う

他社と合同で研修を行う方法もあります。この場合は、外部講師と社内講師の両方のパターンが考えられます。多いのは合同で研修を受ける会社に所属している人が社内講師となるパターンでしょう。商品についての研修などでよくある方法です。

新人研修は、社会人として身に着けておくべきルールや、電話応対、ビジネスマナーなどの基本的なスキルを学ぶ上で良い機会となっています。