自営業の意味合いやメリット・始め方について


そもそも自営業とは何か?

自営業という語句はあいまいで、正確な意味が分かりづらい事で知られます。では、どういった就労形態なのかというと、基本的には法人化しておらず、個人事業主として何らかの事業を行う事を指します。ただし、現実的には法人化して自分一人・または自分と家族で事業を行っている場合も自営業者として扱われている傾向です。

自営業者のメリットとは?

例えばフリーのライターや芸術家・個人経営の飲食店などは自営業者の代表格です。そのうち、飲食店を経営している場合に関しては毎日来店してくれる得意客がたくさんいるような場合、定休日以外に急な休みをとったりする事は許されません。一方、クリエイティブな仕事をしているような人は、大きな仕事が終わった後で自分の都合に合わせて長期のバカンスをとったりする事ができます。

どうやって始めたらいい?

会社を興すという場合は様々な初期作業が必要になってきます。それに対して、豊かな人生をおくる自営業に憧れて自分も始めてみたいと思った場合、意外と簡単にスタートする事が可能です。具体的には、自分の居住地を管轄している税務署を調べて、開業届を提出するのみになります。家から税務署が遠い場合は、わざわざ税務署に行かなくても郵送で開業届を提出できます。ちなみに、税務申告の事がよくわからない場合は、難易度が低い白色申告を選択する事が推奨されます。白色申告を選択した場合は帳簿をつけたりする事は不要で、翌年1月末頃に税務署から確定申告書が届いたら簡単に初年度の申告を済ませられます。2年目の申告に関しては、時間があったら様々な税制優遇がある青色申告の事を調べ、そちらに切り替えるのも手です。

脱サラして起業するのに、すでに商売の形が出来上がっているフランチャイズへの加盟は悪くない選択です。成功するには自分に向いている分野で、投資資金が身の丈に合っているものを選びましょう。