リモートワークの研修をしよう!オンライン作業の教育はどうする?


リモートワークの導入時には研修が必須

リモートワークの急速な導入を余儀なくされた企業は多いですが、まだ本格的に指導していない企業もあるでしょう。リモートワークを導入してもなかなか社員がうまく働けずに生産性が著しく低下し、実質的に業務が停滞してしまった企業もたくさんあります。これから本格的にリモートワークを導入する場合や、新しい人材を雇ってリモートワークをさせる場合には研修を実施して対策を立てましょう。オフィスなどの現場で働くのと違い、リモートワークでは働き方を示さないと戸惑ってしまいます。どのようなツールを使用するのか、何を業務とするのか、業務記録はどうやって管理するのかといったことを明確にした上で研修を実施して周知しましょう。

実戦的なトレーニングを取り入れよう

研修では人材育成の観点も取り入れて実戦的なトレーニングを盛り込むのが重要です。実際にリモートワークを疑似的におこなってみなければ、本当に効率的に働けるのかどうかを実感できないでしょう。リモートワークの研修はオンラインで実施し、予め必要なソフトウェアなどをインストールさせておくのが良い方法です。クラウドシステムを利用する場合にはアカウントを発行しておきましょう。社員の理解度によってはインストールやアカウントの使い方のレクチャーから始めます。そして、実際にツールを使ってリモートワークのチュートリアルをおこなうと良いでしょう。最後にグループワークを実施してより実戦的なトレーニングを積めばきっとリモートワークで効率的に働けるようになります。

社員研修というのは、社員を対象にスキルアップや学びを目的に行う研修のことです。手法としては、OJTと集合研修、eラーニングの3つが代表的です。